債務整理についてご存知ですか

ショッピングやキャッシングなどで増えてしまった借金。

気がつけば到底返済できない金額にまで膨らんでしまっている人も少なくありません。



しかも借金には利息がつくのが一般的ですから、放置しておくとますます借金が増えてしまい、自分の力ではどうしようもない状態に陥ってしまうのです。



債務整理はこのような状況を脱出して、人生を再出発するために設けられている制度です。

法律によって定められている制度ですので、合法的に借金を減額または帳消しにすることができます。



現在は借金問題を根本から解決させる手段として、多くの人がこの制度を利用しています。

ひとくちに債務整理といっても、方法は一つだけではありません。
債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類の手続きが用意されており、その中から借金の状況や自分の希望を満たすものを選択することができる仕組みになっているのです。ただしこれらの手続きにはそれぞれメリット、デメリットが存在しますので、良い結果を得るためには弁護士など専門家の力を借りて選択したほうがいいでしょう。

また債務整理の手続きの最中に、過払い金が発生することもあります。

過払い金とは債務整理の際に、利息制限法に定める金利に基づいて借金の額を計算し直す過程で発生するお金のことで、要するに支払う必要の無かった借金のことをいいます。

一定の条件を満たしている人が対象になりますが、もし過払い金が発生した場合は金融機関からお金を取り戻すこともできるのです。